出会い系サイトの攻略法

2017.04.20

「メールアドレスを教える=恋愛対象」ではないという事実

1、連絡先交換に必死になる人が多すぎる

出会い系サイトからはじまった関係というのは、根本的にリアルの出会いと比べて女の子と仲良くなるプロセスが異なります。
リアルでの出会いならまず女の子の外見やある程度の個人情報を知った上で距離を縮めていくことが前提となりますが、出会い系サイトではまったく逆の手順で進めていかなくてはいけないので、まずはメール交換をして女の子と仲良くならないといけません。
まあ、繰り返しメールをして仲良くなろうとする考え方は決して間違いではありませんし、そもそもメール交換をしなければ何も始まらないので女の子とのメールに執着するのはある程度仕方のないこととも言えるでしょう。
しかし、どういうわけか、出会い系サイトでは多くの男性がLINEのIDを交換したりメールアドレスをゲットできたことに感動し、もうこのまま死んでもいい!くらいの勢いで喜びます。
確かにサイト内でひたすらやりとりをしていれば男性側は課金をしなければいけませんし、女の子との進展も見込めないので連絡先をゲットできることは一歩前進とも受け止められるんですが、正直これだけで喜ぶのはまだ早すぎます。
というのも、出会い系サイトにおいては連絡先をゲットしてからが本番。もっと言えば会ってからが本当のはじまりでもあるので「もしかしてこれって脈ありなんじゃない?」と思っていたら実は勘違いであっという間にほかの男性にとられてしまったなんてことが多々あるんですね。
出会い系ではメールのやりとりが主体となるので、ここをすっ飛ばしてしまうのはよくありませんが、あまりにもメールばかりを気にしすぎるのも考えものなのです。
特に気になる女性ができた場合はその人に意識が傾いてしまう可能性が高くなりますから、どうしても押せ押せモードでメールしてしまいがちです。
しかし一人に執着して焦り過ぎるとその子がダメだった時のダメージが強烈なので、リスク分散で複数の女の子とやりとりしてダメージを軽減する方向にもっていった方がいいでしょう。
これはメールだけに限らず連絡先を交換して外部でやりとりするとなった場合でも同様です。
いつ相手に切られてもいいよう土台作りだけを固めておかないと、候補から外された時にた女の子を探さなくてはいけません。
メールアドレスを教えてくれたことで「相手も少しは自分を好きだと思ってくれている」と己惚れず、その後のやりとりの中で本当に脈があるのか?ないのか?をしっかりと見極めましょう。

2、女の子からの脈なしのサイン

誰でもそうだと思いますが、興味のない人とはあまり連絡を取りたいとは思わないですよね?
これは女性だけに限らず男性でも同じこと。
例えばあなたにとって恋愛対象外の女性から毎日毎日どうでもいいような内容のメールを送り付けられてきたらどう感じますか?
「面倒だな」という気持ちにはなっても「嬉しいな」とは思わないですよね?
相手の女性もこれとまったく同じ感情を抱いているということです。
これが職場の同僚や上司、友人を通して知り合った人なら、人間関係を壊したくないという意識が働きますので気を使って返事を返してくれると思います。
しかし出会い系サイトで知り合った人はまったくの赤の他人ですから、無視してもこれから先の人生に何ら影響を与えることはないんですね。
なので、面倒だなーと感じたら即無視されます。
きちんとお断りを入れてくる女性は珍しいかもしれません。
という感じで、一般的には嫌われたら無視されるというのが通例なんですがもう無視までくると修復不可能というか、かなり嫌われている証拠なので、できれば無視される前に気付きたいところですよね。
ですが、安心しててください。
女性は無視をする前にだいたい何らかのサインを出しています。
そのサインは相手のタイプによって様々ですが、脈がない時は確実に拒絶しているような素振りを見せているのでそれを察知したら素早く行動パターンを切り替えるようにした方がいいでしょう。
では、次項にて脈ありなしのサインをご紹介していきます。

3、自分から連絡しないと返事がない

基本的に出会い系の女性は受け身ですが、いつ如何なる場合も自分主体になっているようでは考え物です。
というのも、あなたとの会話の中に何かしら惹かれる部分があったり興味を抱くポイントがあれば女性の方から連絡をくれることがあってもおかしくはありません。
なのに、どんな時も自分発信で、自分の連絡を最後にメールが終わるような状態では脈なし確定のサインと捉えた方がいいでしょう。

4、とにかく返信が遅い

仕事や思わぬトラブルなどで返信が遅れることは誰しもあるものですが、毎回毎回トラブルに見舞われている人など滅多にいないでしょうから、普通に考えると24時間以内には何らかの返信をくれてもいいものです。
人間、生きているからには食事もするしお風呂にも入るわけなので、24時間365日ひたすら仕事に追われているなんてあり得ませんし、僅かなすき間時間にメールを打つことも可能なはずです。
それでも1週間や2週間連絡がこないようであれば、それは相手の女性が「僅かな時間でもあなたにメールを送る時間に割くのが勿体ない」と考えている証拠です。
振り回されるだけ時間の無駄なので変な期待は持たずに別の女性を探した方がいいでしょう。

5、内容が薄い

それなりに内容の詰まった長文メールを返しているのに、

「ふーん」
「そうなんだ」
「大変だね」

みたいな短文メールが毎回返ってくる場合は確実にあなたに興味がありません。
興味がないというより、話が合わないとか面倒だなと思っている場合もあるので、相手の趣味に合わせて話題を変えてみてそれでも同じような反応ならもう諦めた方がいいでしょう。
あと、相手から質問や様子を窺うような内容が含まれていない場合も脈なしと考えていいでしょう。
質問しない女の子には2つパターンがありまして、1つ目は自分の話をただ聞いてほしいだけの子。そしてもう1つはあなたに魅力を感じていない子。だいたいこのどちらかに当てはまります。
いずれにせよ、あなたに興味がないという点については変わりないので別の女性探した方が早いかもしれません。

6、返信頻度が高い

これは脈なしサインとはちょっと意味が異なるのですが、返信が早いことを理由に「脈ありだ」と勘違いされる人が結構いますよね。
確かにすぐに返信がくるのは一見すると優先順位が高いことを意味しているように思われますが、これは男性として意識していない相手でも同じようにする場合があるのであまり判断材料にはなりません。
というより、女性の場合はお喋りが好きだったりメールが好きな子が多いので、暇さえあれば即返信したりするものなんですね。
もちろん女の子のタイプにもよるのですべてに共通して言えることではありませんが、すぐに返信しないと気が済まないという人もいるし、気を使って返事しているパターンもあります。
なので、相手の雰囲気やタイプからそれを読み取って次なる行動を模索するようにした方がいいでしょう。

7、メールアドレスを教えたのに脈なしってあり得るの?

せっかく連絡先まで交換したのに脈なしなんておかしい!少なからず興味を持ってくれたからアドレスを教えてくれたんだ!みたいな解釈をしていつまでも同じ女性に執着する男性もいますが、女性がアドレス交換に応じることにそれほど深い意味はありません。
「信頼してくれたからアドレス教えてくれたんでしょ?」っていう意見もありますが、それは違います。
信頼できるかどうかはその後のやりとりで決まるものなのです。
面倒になればアドレスを変えるか受信拒否設定にすればいいだけなので、教えることにさほど抵抗もないのです。
女性の心理としては、

メールアドレスを聞かれる

一旦教える

やりとりする

ありorなしの判定を下す

なしになったら無視する

という流れなので、意識していない男性でもとりあえずメール交換くらいはするのです。
なので「アドレスをゲットできたから女の子をゲットできたも同然!」と思わずに、連絡先を交換してから本当に興味を持ってもらえるような存在になれるように努めなければならないのです。
なぜか連絡先を交換した後に彼氏気取りになったり下ネタ連発する人もいるようですが、完全に裏目に出ているのでこれは止めておきましょうね。
外部でやりとりすることになってもサイト内と変わらない姿勢で女性を楽しませていれば必ずチャンスは訪れます。