出会い系サイトの攻略法

2017.04.22

8.実際に会う約束を取り付ける

1、女性を誘うタイミング

女性の方から会ってみたいと誘ってもらえればそれに越したことはありませんが、残念ながら出会い系サイトにいる女性のほとんどが誘われるのを待っています。なのでタイミングを見計らってこちらからアプローチをかけて行くしかデートをする方法はありません。
デートの約束を取り付ける上でもっとも難しいのが誘うタイミング。こればかりは人によってメールの頻度や内容、そして女性のタイプも異なるので「これ!」といったルールは存在しません。
仮にそのルールがあったとしても、その通りに実行したからといって必ずしもすべての女性に通用するわけでもないので、タイミングはたくさんの女性とメールをしてコツを掴んでいくしかありません。
ただ、ある程度の目安のようなものはあります。
よく「10回以上サイト内でやりとりしたら直メに移行」とか「会うまでの期間は2週間前後」と書かれていたりしますが、タイミングは数字で測るものではなく、お互いの距離感が縮まって相手の生活パターンや趣味などを大まかにでもイメージできるようになった時が誘うタイミングとしてもっとも理想的です。
逆にこの段階に達していない場合は誘うには時期尚早。もう少し互いを知ってからでも遅くはないでしょう。
メールの内容が今日あった出来事や今何している?みたいな日常生活に密着したやりとりになってきた時も誘うタイミングの目安となります。

2、最初は軽めに角度を逸らして誘うのがベスト

改まって「今度会えませんか?」と言われると女性も対応に困ってしまいますし、ちょっと重いですよね。
なので、他愛ないやりとりの中で会話が盛り上がってきたらメールの中にさり気なく「機械があったら一緒に行ってみたいな」という感じで軽くジャブを打ってみましょう。
「○○さんに会いたい」だとあまりにもストレート過ぎるので、最初はこの程度の誘い方で十分です。
もし相手が乗り気であれば「そうだね、今度一緒に行きたいね」みたいな返事が返ってくると思うので「じゃあ、いつ予定空いてますか?」っていう流れに持って行くことができます。
逆にこの誘い方でまったく反応がないようであれば「まだあなたと会う気持ちの整理ができていない」という気持ちの表れなのでもう少しやりとりを続けて様子を見ましょう。
そしてしばらくやりとりを続けてから再度前回と同じような感じで「この前言ってたレストラン、今度一緒に行けたらいいね」と軽く誘ってみます。
この誘いでも反応がない場合は

・そもそもあなたに対してあまり興味を持っていない
・ほかに気になる男性がいる
・冷やかし
・サクラ

のどれかだと考えられます。
効率を重視されるのであればこれ以上やりとりを続けてもあまり意味がないようにも思われますので(結果が同じ)ここで切っても問題はありませんが、別の女性とうまく行かなかった場合を想定してキープしておくのもひとつの手です。
つまり、今と同じ頻度でメール交換するのではなく、少しペースダウンしてやりとりしつつも完全にやりとりをストップしない。付かず離れずの距離感を維持するのです。
こうすることで仮にほかの女性が全滅してもその女性をデートに誘うことができます。

3、誘う前にエッチな話題はタブー

そもそもエッチな話題を振っている時点でメールのやりとりが続くかどうかも危ういですが、とにかく下心があると分かるような発言は会うまで控えましょう。
その場の勢いで軽くOKしてくれたとしても、後からやっぱり怖くなってお断りされたり、場合によってはドタキャンされるケースもあります。
なので、実際に会って親密な関係になるまではエッチな気持ちをグッと堪えて紳士的な振る舞いに徹してください。
中には下ネタOKの女性もいるので下ネタの会話で盛り上がることもあるかもしれませんが、どのようなタイプの女性であってもエッチな話題の後に「じゃあ、会ってみない?」と誘うのはNGです。
これだと「セックスしたいだけ」と言ってるようなものですし、セフレ探しで出会い系を利用している女性でも露骨にセックス目的を露わにされるといい気分はしないものです。
誘う理由がセックスであったとしても、あくまでもそこは女性に興味があるフリをして「好意があるから会いたいんだ」というニュアンスで誘うのがベターです。

4、メールで成果を得られない場合は電話を挟むのもアリ!

メールだけのやりとりだとどうしてもお互いにリアリティーを得られないと言いますか、信憑性がないので、警戒心の強い女性だとなかなか会うことに応じてくれない可能性もあります。
そんな時は会うまでの段階にワンクッション置いて””電話でこちらの雰囲気を知ってもらう””という選択肢もアリです。
吉と出るか凶と出るかは神のみぞ知るところですが、電話のほうがメールよりもイメージが湧きやすく、より近くに相手を実感できるのは確かですよね。
それに、メールからでは知り得ない情報も電話だと色々見えてきます。例えば話し方とか、声とか、相手の雰囲気とかです。
メールよりもリアルでかつ相手の雰囲気も感じられる電話なら、場合によってはその積み重ねで信頼を得られることもあるのでおすすめです。
「会う」よりも「電話」の方が女の子も応じやすいですし、何よりも女性側にリスクがないのでメールだけでデートにこぎ着けられない時には一度この手を使ってみてもいいかもしれません。