Home > アニメ > 『ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)』 [Blu-ray] 感想

『ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)』 [Blu-ray] 感想

gpbd-1
ガールズ&パンツァー 初回限定生産 1 [Bly-ray]』(AA)を購入。
1巻スペシャル特典は島田フミカネ描き下ろし全巻収納BOX、封入特典は島田フミカネ氏によるキャラクター原案画集(32P)、キャラクタートランプ(9枚)、イベントチケット優先販売申込券といった内容。

正式な発売日は明日になってますが、既にBD版の完売が全国的に目立ってるみたいです。
実際、私が昼過ぎに秋葉原へ買いに行った際にはソフマップAM館でBD版完売、本館でも残り数枚といった状況でした。この様子だと秋葉原は壊滅的?
Amazonでも1巻は1月の入荷待ちですし、今後買う際には事前に予約しておいた方が無難ですね。

gpbd-2
バレー部が性的すぎるキャラクタートランプ。

gpbd-3
ブックレット内容の一部を紹介。こちらは各校キャラ対比表ですがカチューシャがミニマムすぎる。

gpbd-4

gpbd-5
ゆかりん「PANZER VOR!」

gpbd-6
その他、詳しい車輌解説などもあり。

gpbd-7
本編1,2話と、渕上舞(西住みほ役)、茅野愛衣(武部沙織役)、尾崎真実(五十鈴華役)によるキャストコメンタリーに加えて、
杉山潔(プロデューサー)、鈴木貴昭(考証)、岡部いさく(軍事評論家)と物凄く濃いスタッフコメンタリーが収録。ガルパンの場合、むしろこっちメインな気がします。

スタッフコメンタリーでは「ティーガーやパンターで格下を倒すのはダメ。あまり強い戦車をもってくるとお話しづらい。」など、独自の見解を持っておられるようでしたね。
他にも「サークルKサンクスさんとのタイアップでお話持っていった時に”これパンツは出るんですか?”って聞かれて、出さないと返答したら安心された。」なんて小ネタも。あとは終始、「チャーチル良いよね!」なんて話を戦車オタク3人で延々と…何このプレイ。いや、今まで見てきたアニメ作品のコメンタリーで一番面白かったので、もっとやれ!って感じでしたが。海外の戦車オタクの話とか最高でした。
しかも、ありがたいことに次巻以降もこのスタッフコメンタリーの面子の続投が決まっております。キャストコメンタリーとは別で、ここまで濃い話を聞けるだけでもBDを買う価値があると思いますね。

上の写真は音声選択を選んだ際の戦車砲エフェクト。なかなか凝ってます。
実はガルパンBDには「センシャラウンド方式」なる音声方式を採用されてます。
公式の説明によると、迫力ある戦車のエンジン音や走行音を表現するために、「ガールズ&パンツァー」のBDでは音声に2.1chセンシャラウンド方式を採用!通常のステレオ音声にサブウーファーの低音成分を加えて重低音を強調したもので、本作品ではこの音声システムを「センシャラウンド方式」と命名~とのこと。
視聴環境によっては、主砲発射時に「ビリビリ…」と地響きのような重低音を味わうことも可能。実際、我が家のサラウンド環境では堪能できました。

gpbd-8
とりあえず本編内容はおいておき、新作OVA第1話「ウォーター・ウォー!」の紹介を。
OP/ED含め10分のショートストーリーとなっておりますが、その短い時間であんこう踊りもびっくりなテンションで大洗女子学園の面子が暴れる様は一見の価値あり。

gpbd-9
大洗リゾートアウトレットの水着コーナーにて試着する大洗女子学園の面々。
それは水着じゃない!DUI製ドライスーツCLX450を着込むゆかりん。

gpbd-10
ドライスーツを脱ぐシーンですが、ゆかりんは隠れ爆乳だった!

gpbd-11
こちらのカットだと控えめサイズなんですけどねぇ、謎です。

cap_grbd
こちらは水着麻子のキャプチャになりますが、良い貧乳してますわ。
それ以上に、華さんがフェロモン全開でやばすぎましたが!

gpbd-12
10分OVA本編に加え、「不肖 秋山優花里の戦車道講座(5分)」を収録。これが熱すぎる!

gpbd-13
Ⅳ号戦車D型などの車輌紹介から始まり、今まで2人乗り戦車だけだったのに3人乗り戦車が生まれたのはレーダー登場並みの改革だったとか、濃い話っちゃそうなんですが、ゆかりんが砕いて説明してくれるものだからこれが非常に分かりやすい。

gpbd-14

gpbd-15
10(ヒトマル)式戦車は世界最高峰の戦車だと熱く語るゆかりん。

gpbd-16
そして遂に実写映像まで登場。上はスラローム走行中の10式戦車の様子ですが、他には総火演での74式と思われるシーンも見られました。これは本当にアニメ作品のBDなのだろうか…。

本編30分×2話、キャストコメンタリーとスタッフコメンタリーで計180分に加え、特典映像やサウンドドラマなど盛り沢山な内容。アニメファンならずとも、戦車ファンなら買ってみてもいいかと。もちろん杉山Pも詳しいですが、考証の鈴木貴昭氏と軍事評論家の岡部いさく氏はガチすぎますからね。
先行試写会の頃から「この作品は売れる!」といった確信的な思いがありましたが、本当に次巻以降が楽しみになりました。この調子でぜひ2期もお願いします!

関連記事:
『ガールズ&パンツァー』 大洗駅”ガルパン展” フォトレポート
『ガールズ&パンツァー』 “ガルパン展”開催中の大洗町の様子

ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 1 [Blu-ray]
ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 2 [Blu-ray]
ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 3 [Blu-ray]
ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 4 [Blu-ray]
ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 5 [Blu-ray]
ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 6 [Blu-ray]

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://nitroyss.jp/archives/5005/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
『ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)』 [Blu-ray] 感想 from ニトロ有線式

Home > アニメ > 『ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)』 [Blu-ray] 感想

E-mail:
nitroyss @ gmail.com
Twitter / RSSfeed
ニュースサイト
テキストサイト
フィギュア系
アキバ
サイト内検索

Return to page top